FC2ブログ

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

このページ内の記事タイトルリスト

ユーロビートの魅力

PCがやっと修理から戻って来まして、リカバリされてなかったので取り敢えずホッとしているんですが、買ってすぐに故障した製品ってその後も故障を繰り返すとかよく聞くので、延長保障サービスに申し込むべきか、でも有料だしどうしようかなあと思案に暮れている俺様ちゃんです。

さて、この間PCが使えない空虚感を昔のbeat freakとか読んでやり過ごしていたんですが、今読むと結構笑えるものがありますね、レヴューのコーナーなんか特に。ということで、目に留まったものをいくつかピックアップしました。

[Read More >>]

さーくーら~さくら

Myspaceのコメントを読んでると色々書かれていて面白い。
DaveがEdo Arlenghiにうちに居た時のこと覚えてるか?とか、Claudio MagnaniがEdoに今度いつ一緒に日本に行く?とかStefano BrandoniがEdoに(って、Edoばっかりだけど 爆)99年、2000年に一緒に日本をツアーで回った時のことを書いていて、あの時の東京の夜は生涯で最高の夜だったな、あれ以降あんな夜には日本じゃお目にかかっていないよ、とか書いてたり。

これまでに見つけたユーロ関係者、の中でも渋いところをちょっと。

* Sergio Dall'Ora氏
わお!全然気付かなかった。

* Alberto Benati氏のBlast!
放置というか全く活動されてないようだ。

* Claudio Magnani氏のファンクバンド、SeptemberGroove

* Luca Torchiani氏
二重アカウントになってて時々エラーが出る。

* Andrea Clerici氏
彼も取り敢えず作っただけのような感じ。

* Clericiさんのお仲間のDhanyことDaniela Galli嬢
Dhanyはヨーロッパではかなり人気があるようで、他にファンによるページもいくつかある。

* Alessandro Messina氏
Deltaの新しいコラボレーターの人だが、音楽一家に生まれたとのことで、お父さんもシンガー・ミュージシャンだそうだ。彼もテレビ番組やアニメの主題歌を唄ったり、シンガー・ミュージシャンとして番組を持ってたりするとのこと。

* Fabio LioneことFabio Tordiglione氏

* Theo Spagna氏
GiorgioとTheo、どっちが本名だろ。

* Lorenzo Campani氏のバンドFrontiera

それと、さっきジェイソンにLisa VersachのSakuraを聞かせて貰った。『ザっくり!パラテク』のオフィシャルサイトに爽やか哀愁ユーロって書いてたのでどんな感じかなと思っていたんだけど、イントロの出だしはNEVER AND EVER / MARIE BELLEのような感じから、エリーザのヴォーカルが入ってリヴァーヴが効いた幻想的な雰囲気になって、ここまではハイパー哀愁。で、リフに入るといきなりYESTREDAY / CHERRY(笑)。うわぁ、ハッピー系?と心配したのだが、メロに入ると再び哀愁。ピアノが効いてる。Aメロの後半でチラっとMe, Myself & I / CHRISTINEが来て、Bメロも哀愁風味。サビに入って微妙に爽やかな…でも物憂げさも感じるといった非常に変化に富んだ作りになっていて不思議な曲だと思った。全体的にはトランシーって言うんだろうか。今までのこの名義のキャピキャピした雰囲気からは一転して、エリーザの流れるようなヴォーカルもファルセットを使ったりしていて大人っぽい。桜の花びらが乱れ散るライトアップされた深夜の大阪城公園で聴きたい(笑)。
[Read More >>]

アンサーソング?

さっき玉鬼さんのSEB vol.175のレヴューを読んでいて、そうそうKevinの『You Light My Fire』のBメロってなんか聞いたことがあるよなぁ…と思いながら風呂の中で考えていたんだが、思い出した。Suzy Lazyの『Din Don Dan』のBメロだわ。でも、サビの部分が『Mine Is Your Love』みたいだと思ったのは俺様ちゃんだけだったっぽい(他の人は大抵『Maybe Tonight』って書いていた)ので、また一人だけかも(爆)。

今回のヴォーカルってやっぱりDavide Budriesiでいいのかな。サンプルを聞いた時は、心なしかいつもより下手に聞こえたんだけど。でも、本編を聞いた感じではあの息遣いはやっぱり彼かなと思った。んー、もうちょっとキーを下げた方が…。高音部が苦しそう。

それと、今回はEurofunkの方がいつもの彼っぽいなという感じ(と言いながら実際はルーカだったりして 笑)。尺八好きの俺様ちゃんとしては非常に嬉しいイントロ。やっぱりリッツィさんの曲だったのね。この曲ってLisa Versachの『Electric Love』のアンサーソングだろうか。歌詞を見てないのではっきりとは分からないんだけど、cause I'm your Ninja BoyとかRoppongiが出てくるし、ライター陣も同じだし。

I Heard A Rumour(噂)


またまた古いのを持ち出して来ました俺様ちゃんですが、今回の話題はバナナラマとは全然関係ないです。ただこの曲のタイトルを使いたいってことだけで、ビデオを貼り付けさせて頂いてます。それと本題だけだとあまりにも短過ぎるので(笑)。まあ、とは言ってもこの曲はモチロン大好きなんですけれどね。

さて、『噂』なんですが、某レーベルを設立当初より長年に渡り裏方として支えて来たS氏がレーベルオーナーのG氏にリストラされてしまったんだそうです。もう半年くらい前の話だとか。同レーベルでは最近A氏の離脱も発覚したところですが、はてさて。

尚、現在S氏は同県内のD氏のスタジオに身を寄せているとのことです。D氏の師匠とはイタロディスコの時代からよくペアを組んでましたけどね。

Matia Bazar - Ti Sento

えー、これはちょっとユーロビートともイタロディスコとも違うような気もするんですが、まぁイタリアのディスコ・ミュージック→イタロディスコという名称を発明(By ドイツZYXレコードの社長さん)ということですから、呼べないこともないでしょう。Bメロからサビの盛り上げに鳥肌が立った俺様ちゃんです。イタリア語の響きもなかなかおしゃれでしょ?

マティア・バザールというと、日本でもAGF、ノエビア化粧品、日本生命などのCMで曲が使われているので、お馴染みの人にはお馴染みのイタリアのポップ・グループなんですが、当時はエレクトロポップとして紹介されていました。今だとシンセ・ポップとか呼ぶんでしょうか。

この"Ti Sento"(邦題は『失われた島』ですけど、イタリア語をそのまま訳すと『あなたを感じて』ってな感じです)は85年にリリースされたアルバム"Melancholia"からのシングル・カットで86年にヨーロッパ中で大ヒットを記録し、日本でもノエビア化粧品のCMに使用されました。また、『フラッシュ・ダンス』の大ヒットで有名なアイリーン・キャラもカヴァーしており、昨年はスウェーデンのVeronaという女の子もカヴァーを出しています。



歌姫Antonella Ruggiero(アントネッラ・ルッジェーロ)嬢がソロ活動のために89年に脱退、その後ギターのCarlo Marrale(カルロ・マッラーレ)氏も94年(?かそこら)に離脱したり、亡くなられた方も居たりで、現在はかなり様変わりしている模様。

余談ですが、Carlo Marrale氏は近年、ACEの"Take My Breath Away"の作詞・作曲をされていますので、名前に見覚えがある人も居るんじゃないでしょうか。
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

TRACK WORD
RSS FEED