FC2ブログ

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

このページ内の記事タイトルリスト

Sinclaireのフォーラム

が本格的に稼動し出した模様。ここ数日見張っていた(笑)のですが、昨日見たら以前の書き込みが削除されていて、モデレーターもJustinって人に代わってるし、登録しないと書き込めなさげだったし、でも登録の仕方も説明してないし・・・と少々訝しんでいた俺様ちゃん。今日はいくつかトピックが作られていて、書き込めそうだったので早速書き込んできました。一つだけ『ブラットも入ってくるよ』という部屋があるんですが、さて返事はしてくれるでしょうか。

あとは、そうですねぇ・・・SCPの人ですが、今日はユーロビート・プライムに俺様ちゃんが作ったステフィのフォーラムからやって来られてました。その前にいつものように、サイト・スタティックから来られていたのですが、「あっ!こいつがこのブログを書いていたんだ!」と悟られたようで、ちょっと気恥ずかしいです(嘘) 今日はメリッサとステフィの記事を念入りにチェックされていた様子です。

Love Is A Melody....

ソフトモヒ?....And My Melodies Are For You

と言う訳で、昨日に引き続きLuca Pernici氏のお話を。今日は昨日より短いんで雑記に格下げ(笑)

まず、この言葉が俺様ちゃんが珍しく(苦笑)所持しているSEB vol.80のブックレットに書かれているペルニーチ氏の日本のファンへのメッセージだと気付かれた貴方はスーパー・ユーロビーター!

このブックレットに載ってる写真しか見たことなかったので、他のロック系ユーロビート・アーティストと同様、ロン毛のイメージが強かったんだが、8年後の現在はサッパリとされていてよい感じ。いや、っていうかあのTIMEのでっかいロゴの前で手を差し上げながら微笑むペルニーチ氏もなかなかカワイイですね。隣のページのダッローラ氏に比べるとお肌もツヤツヤしていて張りがあるし、かなり若かったんだろうなあ。

今日は彼の生声が聞けるインタビューを見つけたのでそれのご紹介。これはLigabue氏のファンサイトの企画で、9月10日のコンサートの時にバックステージで行われたモノだとのこと。まあ、どんな内容の話をしてるのかサッパリ分りませんが、ニックネームなんだろうと思うけど、「ペンナ」って呼ばれてますね。ペンナってイタリア語で「ペン」のことなんだけど、Luke Pennのペンはきっとここから来てたのね。

あと、そうそう若手の売り出し中のロック・グループのプロデュースもやってて、Il Nucleo(イル・ヌクレオ)って言うんだけど、彼らのオフィシャル・サイトはここ。で、彼らがイタリアの民放グループ、Mediasetのインタビューに答えてるページがこれなんだけど、ペルニーチ氏に出会ったお蔭で彼らの方向性が変わりブレイク出来たようなことを語ってます。尚、このグループはLigabue氏の昨日紹介したコンサートにもゲスト出演している。

懐かしのペルニーチ

左が最近のLuca Perniciまたまたルーカさんの話題なんだけど、今回は最近のPernici氏に関して少しだけ。なので、トリヴィアってことで一つ。

なにやらユーロビートから手を引いてから、エレクトリック・ジャズやらヌー・メタルやらなんか小難しそうなインストゥルメンタル系の分野で、トントン拍子にご活躍されているようで喜ばしい限りなのだが、最近はまたロックのプロデュースもやってるそうで、Eurobeat Primeで知り合ったイタリア人が「彼はユーロビートだけじゃなくロック魂もあるんだよっ!」と息巻いてた(笑)

で、そのイタリア人の彼が教えてくれたんだが、イタリアの超超有名なロック・シンガーのニュー・アルバムをプロデュースしたというのである。で、そのロック・シンガーって誰かと思ったら、先日Luca Anceschiの記事の時に出て来た名前だったのよ。『Ligabue』(フルネームはLuciano Ligabue:ルチアーノ・リガブーエ)がその人。

どれくらい有名な人なんだろうかと思って調べてみたところ、今年9月10日にレッジョ・エミーリア州の Campovolo (カンポヴォーロ)という所で行われたコンサートで、単独アーティストによる観客動員数のヨーロッパ記録を塗り替えたというからスゴイ!なんと一回だけのコンサートで15万枚のチケットを売り上げたんだそうだ。イタリアの人口って日本の約半分な訳だから、それを考えるといかにすごいことかが理解出来るだろう。ちなみに彼が塗り替えるまでの記録保持者は“あの”『U2』で97年9月20日のまさに同じ場所でのコンサートでの14万6千枚だったとのこと。

* http://www.encanta.it/musicadischi28.html
* http://www.campovolo.com/


このLigabue氏の9月16日にリリースされた3年半ぶりのニューアルバム“Nome e cognome”(名前と姓)のプロデューサーの一人がLuca Perniciなのである。イタリアの音楽系サイトの9月22日付けの記事によると、予約だけで20万枚を売り上げたとのこと。

Perniciの話というか、ほとんどこのLigabueって人の話になってしまった訳ですが、まあこんなところで(笑)

二人のG. Foglia

JASRACのデータベースに記載されている二人のG. Fogliaの関係が分った。なんのことはない、データベースの単なる間違いらしい(爆)

正しいのはもちろんGiordano Fogliaという男性名の方。いや、ほんと色々想像したよ。夫婦だろうか、兄妹なんだろうか、それともフォッリアさんって女の時と男の時がある二重人格者なんだろうかとかね。大体、曲の特徴というか雰囲気が似過ぎてると思ったんだが。でも、血縁関係があるなら、さもありなんだし…ってモヤモヤしてたのだ。

結論:G. FogliaはGiordano Fogliaただ一人

てか、なんでこんな間違いすんの?しかも、A-Beat C時代の曲もご丁寧に二人分に分けられてるし。例えばこんな感じでね。なんとも不可思議だ。

Giordano Foglia

BLOWING IN THE WIND / MR. GROOVE
CHERRY GIRL / LOLITA
RAINBOW / MEGA NRG MAN
MAKE A MOVE / CANDY TAYLOR
RIGHT NOW / DARK ANGELS
STEEL BLADE / JEAN LOVE
EMOTIONS / STEPHY MARTINI
HEARTBEAT / NATHALIE

Giovannina Foglia

SO LONG / QUEEN OF TIMES
ROCKING MY HEART / JEAN CORRAINE
LIVING OUT / MARGARET
HOW MANY LIES / SAMANTHA GILLES
ENDLESS LOVE / MELODY
IN MY DREAMS / DENISE
SAVE ME / LESLIE PARRISH
REMEMBER ME / LESLIE PARRISH
KISS TO KISS / MAKO

あー、訊いてよかった。これでスッキリ。

*  Two G. Foglia - composers of DELTA and A-Beat C

トリヴィア その4

初代FRANK TORPEDOはLaurent G. Newfield

これも12゛を持ってる人は知ってるのかな。といってもボーカルじゃなくて、この名義を最初に使ったのがジェルメッティさんだという話。TIMEのMaiolini社長に引き抜かれて、SAIFAMから移籍した時に使った偽名である。
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

TRACK WORD
RSS FEED