Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gambogi & Dhany 明日ライブ!

Acusticoのライブの宣伝

どうもここんところ、雑記ばかり増えて・・・でも雑記つってもユーロ関係ばかりだしなあ、と悩んでいる俺様ちゃん。Gambogiさんの新しい画像は無いかと久々に検索してみたところ、非常にタイムリーな広告があったのでそれをご紹介。ってか貼り付けただけ(笑)

Acusticoというユニットについては以前お知らせしたことがあると記憶してるが、あの時は確かGambogi、Valeo、Galli のトリオだったのが、今回はValeoさん抜きでデュオとなっている。そのAcusticoによるコンサートがKlaksonというライブハウスのような所(音楽文化サークルと書いてあるのだが)であるというお知らせ。

ライブファンにはお馴染みのジョルダーノ・ガンボージとダニエーラ・ガッリの二人。輝かしい経歴、テレビ出演、イタリア音楽界の超ビッグ・ネームとのコラボなどをご覧になれば、彼らの真価が認められていることがお分りになるでしょう。

ソウル、ファンキー、ポップ・ロックなどから構成されたレパートリーはあなたを必ず満足させます。二人の素晴らしい歌声からなる最高級の夕べをお楽しみ下さい。



まあ、宣伝文句だし、悪いことを言う訳がないが、ユーロ業界で活躍しているアーティストがこうして他のジャンルでも活躍しているのだと知ると嬉しいものである。

と書いて、リンク先をチェックしていて気付いたのだが、2つ下の12月3日の公演はLorenzo Campaniがボーカルを務めるロック・デュオ、FRONTIERAではないか!!
TIME所属アーティスト達、頑張ってます(笑)
[Read More >>]
スポンサーサイト

3カラムの exec にフリースペースを

では、3カラムの exec にフリースペースを付ける方法をご紹介します。

管理メニューのテンプレートの設定で exec を選び、修正をクリックします。
まず、HTMLの方ですが、

<td width="480">
<div id="box_main">
<!--topentry-->

という記述部分を探して頂き、間に次のように挿入して下さい。

<td width="480">
<div id="box_main">
<!--index_area-->
<table border="0" width="100%" cellpadding="0" cellspacing="0">
<tr><td class="free_space_title">フリースペースのタイトル</td></tr>
<tr><td class="free_space_contents">この部分にコンテンツ</td></tr>
<tr><td class="free_space_btm"></td></tr></table>
<!--/index_area-->

<!--topentry-->

スタイルシートの方は、場所はどこでも大丈夫だと思いますが、念の為最後に次の記述を加えて下さい。

/*フリースペースの設定*/
.free_space_title{
text-align : center;
vertical-align : top;
font-size : 13px;
FONT-FAMILY: "Verdana", "MS Pゴシック", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Osaka";
height : 43px;
padding : 4px 20px 0px 20px;
color : #e5e5e5;
font-weight : bold;
background-image : url(http://blog-imgs-30.fc2.com/o/r/e/oresamachan/din_main_top.jpg);
background-repeat : no-repeat;
background-position : top center;
}
.free_space_contents{
filter: Alpha(opacity=70); /* IE系 */
opacity:0.7; /* Mozzila系 */
background-color : #000;
font-size : 12px;
padding : 20px 15px 20px 15px;
line-height : 1.6em ;
}
.free_space_btm{
height : 40px;
background-image : url(http://blog-imgs-30.fc2.com/o/r/e/oresamachan/din_main_bf.jpg);
background-repeat : no-repeat;
background-position : top center;
}

そして更新すれば真中のメインカラムの上にフリースペースが出来ているはずです。
テーマ:共有テンプレート - ジャンル:ブログ

DELTAカタログアップデート

たまにはユーロのことも書き留めておこう(笑)
DELTAのカタログが昨日アップデートされていて、今回追加されたのは次の4曲。

IF YOU EVER LEAVE ME / ALE (LEONARDI)

MAKE ME BELIEVE / CHERRY (UGOLINI - LEONARDI)

GOT TO BE YOUR LOVER / KEVIN JOHNSON (OCKERSE - BASTOS - LAMMERS)

IN THE NIGHT IN THE FIRE / MAKO (FOGLIA - LEONARDI)

以前書いたTACOの「Got To Be Your Lover」のケヴィン・ヴァージョンが登場。あとは久々のMAKO名義の曲。一番よく使われているキー・ワードが2つとも入ってるところから見て、かなり気合の入ってる曲か!?
CHERRY名義はやっぱりコンスタントっていうか、最近はレオの曲がほとんどな感じがする。ClaraもLeonardiもミラノ住まいだからか(笑) んー、まあ名義のコンセプト的なものもあるんだろうけど。ALEはエイルって読むのかな。名前からもタイトルからも、男か女か予測できない新人の登場だ!って、新人かも知れないけど、単に新名義かもしれないという世界だしな。
[Read More >>]

exec_2col

exec_2col3カラムだとどうしても記事部分の横幅が狭くなってしまうので、幅の広いバナーや大きな画像を貼ると横にはみ出したり、サイドバーが落ちてしまったりと、レイアウトの崩れがよく起きます。ってことで、2カラムヴァージョンを作ってみました。これだと少し大きな画像も貼れますね。正確には幅470pxの画像までなら大丈夫です。

他にレイアウトの崩れを引き起こす原因としては、長いURLアドレスってのもあります。というのも、URLなどの半角文字列ってのが自動改行されないらしくって、そのためにその文字列の長さだけ広がってしまうからなんだそうです。
長いURLを入力する時は途中で改行を入れるか、あるいは『Labirinto di Oresama~俺様的迷宮』こんな感じでリンクさせると良いとのことです。おお、なるほど!あの文字にリンクさせる方法はそういう意味合いもあったのか、と一つ勉強した俺様ちゃんでした。

えっと、今回のこれにはトップ・ページにだけ表示されるフリーエリアを設けてみました。まあ、プラグインでもフリーエリアは作ることが出来るんだけど、サイドバーだからまた幅が狭いとかいう問題があるし・・・。色々したい人には、こういう場所があると何かと便利ですね。

要らない人はHTMLの注意書きした箇所を削除してもらえれば、消えますので。使いたい人は、もしタイトルを入れるんだったら、上のFREE SPACEって書いてる部分を好きな名前に変更して下さい。バナーとかスクリプトは「トップページにのみ・・・」云々の部分を消して、そこに貼り付ければOKだと思います。


【更新履歴】
2007年7月17日

  • HTMLソースをtable構成からdiv構成へ変更

  • フリースペースを無くし、プラグインカテゴリー3を記事の上にトップページにのみ表示させるようにした

  • 全記事タイトル表示に対応


テーマ:共有テンプレート - ジャンル:ブログ

crema another version

execすっかりテンプレート職人の佇まいを見せる近頃の俺様ちゃん。今回は季節モノって訳でもないんですけど、ちょっと華やいだ気分(爆)なので明るめ(というか明る過ぎ)のモノをご用意いたしました。

クレーマ・アナザー・ヴァージョンって言います。ケーキ好きな筆者は苺のショートケーキとかまるごとバナナが大好物なんですが、それは大の生クリーム好きだということでもあります。とにかく生クリームって美しいですよね。で、生クリームをモチーフにして作ったのが元ヴァージョンの crema ってテンプレなんですが、それを色々改造してブロガー率の高い女性客を取り込もうというストラテジーの元に作り上げたのがこのおめでた紅白金ヴァージョンです。てか、客って(笑)

バックにあしらった画像は正体不明の葉っぱのような花びらのような・・・なんか変な植物。でもなかなかキレイでしょ、赤の色合いが。この背景画像は800 x 600ピクセルの大きな画像なんだけど、これを好きな画像に変えるだけでもかなり雰囲気が変わるかと。

そしてベースはホワイトとゴールドで煌びやかに、ゴージャスに仕上げました。ちょっとゴールドのタイトルが見辛いですかね。でも、この色の明度を下げるとただの小汚い黄土色になってしまうという両刃の剣。

あと、そうですね・・・ターゲットに女性層を意識しているということから、フォントのサイズはちっさくして文字間のスペースを広めに取ってます。でも、もちろん野郎に使ってもらっても嬉しいぜっ!と何故か意味不明な野郎言葉が。というか常々疑問に思ってるんですが、関東の男性って普通に「行こうぜっ!」とか「やろうぜっ!」とか使ってるんすかね。なんかそういうのが普通に使われているのを想像すると、歯が浮くような、くすぐったいような、背筋がゾクっとするようなおかしな感覚に襲われます。

とまあ、どうでもいいですが(笑)

※ 06年11月12日 配布終了しました。
テーマ:共有テンプレート - ジャンル:ブログ

スローガン・バナー自動作成

折角ブログを見に来てくれてもユーロビートのことしか書いてないので、興味の無い人には役立つような情報が全くないです(笑) 申し訳無いので、ちょっと面白いブログ・アクセサリーというか、バナーをご紹介します。

まずはこのページを開いてみて下さい。SLOGANIZERと書かれていますよね。その名前のとおり、ここはちょっとおしゃれなスローガン付きのバナーを自動的に作成してくれるサイトなんです。ここで作ったバナーをこのブログのフッター(著作権表示の上のところ)に貼り付けてあるんですがわかりますか?ちなみに今は『Have a break, have a oresama-chan.』 になってます(笑) 「今は」というのは、このバナーのスローガンというのが30秒ごとに変わる仕組みになってるからなんです。全部で321種類のスローガンがあって、それがランダムに切り替わります。では、早速作ってみましょう。

Your keyword for Sloganizer: ここには自分がバナーに表示させたいキー・ワードを入れます。自分のハンドルネームでもなんでもいいです。

Your Style: ここでは自分が作りたいバナーのスタイルを選びます。スタンダードは文字のみのタイプで背景は透過されます。他には8種類あるので色々試してみて下さい。

Colour of your text: スタンダードの時の文字色

Background colour: スタンダードの時の背景色 
* 透過させるので背景色と言っても文字が自然に馴染むようにするためのものです。

他のスタイルでは色は選べません。

これでオッケー。Create image と書かれたボタンをクリックして下さい。
出て来たでしょう?

あとは自分のブログの好きな場所に、作成された The HTML-Source code をコピーして貼り付けるだけ。HTMLだからここに貼り付けられるんだけど、バナーの横幅が結構あるんで狭いところだとテンプレのレイアウトが崩れてしまうので気をつけて下さいね。

テーマ:ブログパーツ - ジャンル:ブログ

exec

execという訳で調子に乗った俺様ちゃん、昨夜2つ目の共有テンプレを登録しちゃいました。"exec" はイグゼクと読んで下さい。こちらもカスタマイズし易いようにシンプルな構造になってます。てか、複雑なモノは作れないという評判です(笑)

黒ガラスのぬるっとしたテカり具合と、バーの下部に効かせたネオン・ホワイトのアクセントがポイント。

どんなブログの人がダウンロードしてくれたんだろうと思ってちょっと廻ってみたんだけど、それでいくつか修正した方がいいなあという点を見つけたので後程更新。

先ず、俺様ちゃんは普段ファイヤー・フォックスというブラウザを使ってるんですが、IEで見たところフッターの著作権表示のところのセンタリングが微妙にずれていたので、これを修正。

サイドバーの幅が左右同じでないことに気付き、完全に各カラムの幅を固定。サイドバーの幅は164ピクセル、メイン・カラムの幅は438ピクセルに。これでレイアウトの崩れはなくなるかと・・・。

あと、サイドバーのタイトル部分をプラグインの設定でいつも真中寄せにしてるから気付かなかったんだけど、左寄せに設定してる人のブログを見るとタイトルが左端にくっついてしまってて変だったので、適切な間隔を設定。プラグインの設定で真中寄せにして頂いた方がかっこよく見えると思いますが、これで取り敢えず違和感はなくなったかと・・・。

修正点は以上ですが、これらの点が気になるという方は、お手数ですが再ダウンロードをお願いします。
[Read More >>]
テーマ:共有テンプレート - ジャンル:ブログ

cyber-grid

din_main_body.gifえー、最近はユーロビート方面も一段落着いたので、テンプレ作成に勤しんでいる俺様ちゃん。日曜日に初めて共有テンプレートに登録させて頂いたのですが、これが中々好評で結構沢山のみなさまにお使い頂いている様子。また、多分それでブログを見に来られている人も多いようなので、ちょこっとテンプレの紹介などをしようかなあ、っと。左のサムネイルがそのcyber-grid。ただ単にグリッドを背景に使ってて、サイバーな感じだからってことで付けたという安直な名前です(笑)

ポイントはバックのブルーのグリッドと中途半端な半透明のコンテナ部分。透明度60%にしてあるんだけど、文字がちょっと見辛いかも。不透明にするにはスタイル・シートを開いて、 filter: Alpha(opacity=60); /* IE系 */とopacity:0.6; /* Mozzila系 */という記述を削除してもらえばOKです。
てか、分る人が見たらバレバレだけど、スタイル・シートに無駄な記述がいっぱいあります。まあ、お愛嬌ということで一つ。

ヘッダー部分の画像はi-Macだか何だかのブルー・ダルメシアン(であってると思う、多分)のデスクトップ・ピクチャー(壁紙と言わないところがミソ 笑)をヒントに作成。ここの画像を変えるだけで、かなり雰囲気も違ってくると思うので、自分好みにカスタマイズして下さい。

HTMLとかスタイル・シートに関する知識がそんなに無いので、あまり込み入った質問にはお答え出来ませんが、何かあればコメントして頂ければよろしいかと思います。込み入ったことはカスタマイズ掲示板で質問するとかなり速く適切な回答が得られますので、ご活用をお勧めします。
テーマ:共有テンプレート - ジャンル:ブログ

Ennio Zaniniとノー・スリーブ

Ennio Zaniniいや、記事の内容とノー・スリーブは何の関係もないんだけど、SCPのサイトの写真でもこの写真でもノー・スリーブを着ているので、ザニーニさんのお気に入りなんかなと思って(笑)

随分前にEurobeat Primeのフォーラムでザニーニさんの年齢が話題になったことがあって、みんな色々と想像をしていたのだが、俺様ちゃんがそれらの意見の中でもっともだなあ、と感じたのは『肌の質感から見てDOMINOと同世代の人だと思うから34歳くらいかなあ』というものであった。なので、今回のSCPのサイトのリニューアルで彼の干支が「辰」だと書かれていたのを見た時に、『じゃあ、29か41ということになるけど、クリスチャンとそんなに離れてないだろうから29歳だな。へーっ、クリスチャンより年下だったんだ・・・意外。まあ、髪が薄いと老けて見えるし』と早合点してしまったのだ。で、そのことを矢八郎さんのブログにコメントしたところツッコミが入ったのでちょっと真剣に調べてみた。あっさりと41歳だと判明した(汗)

これはイタリアの国営放送であるRAI(イタリア放送教会)のラジオ局のサイトで見つけたものなんだけど、イタリア各地のミュージシャンから局に送られて来るデモ・テープをサイトで配信し、聴視者からの投票によってチャートを決めるという企画があり、それにザニーニさんが応募していて、自分の簡単な経歴を述べているものだ。ちなみにAscoltaと書かれたところをクリックすると、そのデモ・テープが聴けるのでファンの人は聴いてみるといいかも。

「MuZEK 別名エンニオ・ザニーニ。もう遠い昔のことだけどボクは1964年生まれで、姉の友人たちのレコードを聴きながら育ったんだ。その後自分でジェネシス、ELP、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルや70年代のロックならなんでも聴くようになって。その中でも特に影響を受けたのはイエス、デビッド・ボーイ、キング・クリムゾン、ザッパだね。

それからポリス(事実上ボクにとってのビートルズ)にはまって、そこからニュー・ウェイブに近づいて行って、色んなフォーメーションで北イタリア中のステージに上ったよ。当時から今まで実際、至る所で演奏してきた。でも、食べて行くためにスタジオでの仕事(とりわけ日本のユーロビート・マーケット向けの)もやってるし、2000年からはFiordalisoのバンドの一員としても活動している。だけど、ボクが本当にありたい姿はMuZEKで、演奏して聴いてもらいたいのはMuZEKの音楽なんだ。このプロジェクトはコンセプト創りからアレンジ、演奏まで全部自分でやってるからね。MistoNovicoのDavide Pezzinが弾いてくれた最初の2曲のベースは別だけど」


Fiordalisoというのはイタリアの超有名な女性シンガー、Marina Fiordalisoのことで80年代~90年代初めまで、あのサンレモ音楽祭の常連だった人らしい。イタリアの松田聖子みたいな感じ(笑)

SEB vol.163ってほとんど

年末に発売されるのか。てか一年なんてあっという間ね。もう今年も残すところ2ヶ月切ったとは・・・。

そう言えば、先週の@社のスタッフ・ボイスにジェルメッティ氏が来日中で、翌日会社に来てくれるから質問のある人は急いで送って下さい、みたいなことを書いてあったので慌てて質問を書いてメールしたんだけど、送信してから気付いた。もうその日は過ぎていたってことに(爆) あー、なんと恥ずかしいことをやらかしてしまったんだろう。もちろん、@社にはすぐにお詫びのメールを送らせて頂きましたが。きっと変な奴だと思われたに違いない。ハンドルネーム、俺様ちゃんだし(苦笑)

えー、最新のスタッフ・ボイスを見ると、@社がジェルメッティ氏に依頼していた曲を今回持参してくれたが、出来が良かったのでさっそくvol.163に収録の予定だと書いていた。『ふむ、依頼していた曲ってことは元々のベースがないと依頼出来ない訳だから、何かのカバーってことだよな。じゃあ、あの曲しかないじゃん。ふふっ。』とほくそ笑んだ俺様ちゃん。そう、先日のアップデートでカタログに追加されていたカバーの曲と言えばCHERRYの"BANG BANG"しかない。THAT'S EUROBEATの解説にオリジナルはSONNY & CHERの60年代のヒット曲と書かれていたものの、そのSONNY & CHERが何者なのか知らなかったので今回調べてみたのだが、なんとあのシェールだったとは!へーっ、って感じで一人で驚いていた。

THAT'S EUROBEAT vol.16に収録されているLILACの"BANG BANG"のクレジットを見るとMixがLaurent G. Newfieldとなっているので、今回もきっとそうだろうと思っていたのだが、見事にハズレた。今回はLeonardiプロデュースなんだそうだ。で、ハズレついでvol.163に収録されるという曲もこの曲ではなかった・・・。で、その曲とは、あのTACOの大ヒット曲"GOT TO BE YOUR LOVER"のカバーby KEVIN JOHNSONだと教えて頂きました。タコですタコ。イカも後から出て来ましたが。
この曲ってサビがカイリーの"I SHOULD BE SO LUCKY"にそっくりなんだけど、KEVIN JOHNSON名義はこのところPWL風味の曲が続いてますね。まあ、この曲もBudriesiのボーカルにはピッタリはまると思う。130BPMって言ってたからオリジナルよりは速くしてある模様。
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

10 ≪│2005/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。