Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael Beat

ちょっと前になりますが、Michele VanniさんがMaio & Co.としてライヴを行った時のビデオがYoutubeにアップされていたので、そのことを記事に書きました。で、その時にヴァンニさんに2つ質問をしていたんですよ。

99年から2000年頃に掛けてDELTAでも活動をしていたとインタヴューで読んだけれど、具体的にはどの曲だったのかということと、クララやジーノ・カリアのパフォーマンスのビデオはないのかということだったんですが…。

回答もかなり前に貰ってたんですが、追加の質問の回答と合わせて纏めようと思っていたので遅くなりました。

先ず、クララとカリア氏のビデオは残念ながら見つからなかったとのことで、出て来たらアップすると仰っていました。

Deltaでの活動に関しては、確かにその時期にコラボしていたけれど、やっていたのは専らアレンジやミックスで、TIMEでの時のようには作曲はしていないとのこと。だからクレジットには載らなかったんだよ、と。

あと、1曲だけヴォーカルをやった曲があるということで、これは予想外でしたが、ああ!あの曲がそうだったのかとピンと来たのが、SEB vol.112に収録されたMichael Beat - Kiss Me Goodbye。アーティスト名に注目です。なんだ、そうだったのかぁ、と長年モヤモヤしていたものが解消されました(笑)。

こうして見ると、DELTAって数ある同アーティスト別名義の中に1つは本名に由来するものを紛れ込ませるという心憎い演出をしてくれていますね。

Morris (Maurizio De Jorio)、Nando (Nando Bonini)、David Off (Davide Budriesi、Cool Waterで有名なタバコメーカーDavidoffと引っ掛けていると思われる)、Robbie Grain (Roberta Grana')、Helen (Elena Sbalchiero、お蔵入りになっているMake You Understandの名義)、Nathalie (Nathalie Aarts)等々。

あ!すっごく今更ですが、Ale - If You Ever Leave Meでナタリーは復活していたんですね(爆)。
スポンサーサイト

苦節(約)二年、あの曲の元曲が遂に!

これは俺様ちゃんの記憶が正しければ、確か一昨年の12月に遡る出来事だったはずなんですが、SEB vol.163Queen 26 - More Than A Feelingが収録された時にジェルメッティさんがこの曲の元ネタは何かというクイズを出したんです(それにしてもクイズ好きです 笑)。80年代のPWLの曲だということだったんですが皆目見当が付かず、イシタークさんに相談したりしてたんですが、結局全くそれらしい曲が見つからなかったんで、いつの間にかすっかり忘れ去っていました。

今回、ブログのヘッダに貼り付けるビデオのプレイリストをYoutubeで漁って、まあやっぱりPWL好きなんでPWL特集のものを適当に選んで貼り付けたんですが、どんな曲が入ってるのかなと思ってランダムに選んで見ていたんですよ。Big Funって男性の3人組が居たんですが、昔Blame It On The Boogieを聞いた時に、個人的にイマイチだったんで、それ以来あんまり食指が動かなくて聞いたことがなかったんですが、その彼らの曲がMore Than A Feelingの元ネタでした。

Big Fun - Can't Shake The Feeling


なるほど~、Aメロの初っ端から似てますね。サビはかなりそのまま。んー、Big Funっていうのは死角でした。あんまり売れてたような記憶がなくて、そういうところからパクられるとは思わなかったんでチェックしてませんでしたが、ビデオをお気に入りに入れている人の数から見ると、結構な人気だったんですね。同じ型の色違いの衣装とか、そこはかとなく少年隊を彷彿とさせるものがあります(笑)。

WikipediaによるとBig Funはイギリスのボーイズ・バンドのハシリで、Philip Creswick、Mark Gillespie、Jason Herbertの3人組からなるユニット。89年から94年までの活動期間中にシングル7枚とアルバム1枚をリリースしていますが、90年代の初めにJason Herbertが脱退してからはCreswickとGillespieのデュオ(Big Fum II)となりました。

『Can't Shake The Feeling』は彼らのサードシングルで、UKチャートで最高位8位を獲得、セカンドシングルの『Blame It On The Boogie』(最高位4位)に次ぐヒット曲となったとのことです。
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。