I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Max Coveriは誰だったのか (その1)

maxcoveri.gif80年代後半、バブルに沸いた日本に巻き起こった第一次ユーロビートブーム。
大ヒット曲となった"Bye Bye Baby"を引っ下げて、イタリアから彗星のごとく日本のユーロビートシーンに登場した彼。その後も"Guy Guy"やRadioramaとのデュエット曲"One, Two, Three"などでダンスフロアを賑わせ、91年には東芝EMIよりソロアルバム"いけないトーイボーイ"が発売されるほどの人気者となった。

しかし時は流れ、第二次ブームには全くその名前を見かけることがなくなり、消えてしまったのかと思われた。が、96年に当時期待の新レーベルであった Deltaから、"I Don't Wanna Break Your Sweet Heart"(かなり長いタイトル)で見事に復活、古くからのビーターを安心させてくれた。それ以降の活躍は"Running In The 90's"や"Golden Age"のロングヒットなどでご承知の通り。

さてさて、ここからが本題。筆者は"Bye Bye Baby"の12"アナログ盤のジャケットを見て『ほぉ、なかなかイケメンじゃん』と思った訳だが、ご存知のようにユーロビートの世界ではジャケットの人=アーティスト、つかボーカリストという図式は成り立たないのが常である。まあ、創生期にはまだFred Ventura、Aleph、Paul Lekakisなど顔出ししてるアーティストも結構居たのだけれど。しかしMax Coveriの場合、ジャケットを古い曲から順番に追っかけて見て行っても、"I Don't Wanna Break Your Sweet Heart"までずっと、写っているのは彼のままだった。年輪を重ねてかなり雰囲気は変わっていたものの、見紛うことなく彼であったのだ。またこれは筆者がネット検索で見つけた、彼が日本に紹介される以前のアナログ盤でも確認されている。『うーん。ってことは本人か?いや待てよ。声はころころ変わってるしなぁ・・・』そう、歌声は何度か変わっているのである。(続く)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/1-1b4ecb2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。