I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと A-Beat C

ということで、「Neoを見たい~!」と言ってたらMarkさんがスタジオで撮られた写真をアップしてくれました。

* 仕事中のNeo(手前)とRaf

「この角度からだとそれほどハンサムには見えないんだよ」というエクスキューズ付きです。というか、ほとんど顔が判りません(爆)。でも、髪形とか服装とか小ザッパリしていて、好感が持てます。ペンを持って紙を見つめるNeoくん。歌詞でも考えているのでしょうか。交通費の申請書を書かされていたりするかも知れませんが(笑)。

奥でディスプレイを見ながら、何でしょう・・・曲のエディット中ですかね?ともかく何か作業をされているのは、サウンドエンジニアのRafさんです。Sandro Oliva さんと同じような職種というか、ポジションの方らしくて、クレジットには載らないけど、非常に重要な役割のお仕事をされている縁の下の力持ち的存在だということです。SAIFAM時代のジェルメッティさんみたいな感じなんでしょうね。

あと、俺様ちゃんにはどれのことなのか分かりませんが、機材マニアの人はMicroQがかわいいとか言ってました(笑)。


もう一つは、Brian Ice こと Fabrizio Rizzolo さんのオフィシャル・サイトを教えてもらったので、それをちょっと。

* http://www.fabriziorizzolo.it/

Last Update が去年の12月ということなので、既に見つけられていた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが。

リッツォロさんのお写真はDaveのサイト等でちょこちょこ拝見していましたが、これだけ大きくてプロが撮ったようなのは初めて見ました。しかし、カッコイイですね。スーツをビシっと決められて眼鏡を掛けられた写真なんかは渋くて知的なイグゼクティヴ風ですし、リネンのカジュアル・スーツに胸元全開胸毛チラチラのものなんかは超セクシーですし・・・にっこり微笑まれている写真は爽やかで、白い歯が印象的!(笑)

内容を読んでみると、歌以外にミュージカルや映画のお仕事もされているんですね。

ご自身が語ってらっしゃるところによると、早熟な子供で12歳の時にRadio Asti (ラディオ・アスティ)というラジオ局の Aldo Dezzani (アルド・デッツアーニ)ディレクターにある番組を任されたんだそうです。12歳の子供に番組の監督まで任せるとは正気の沙汰かとリッツォロさんも思われたそうです(笑)。

その後、18歳の時に Gianni Miroglio (ジャンニ・ミローリオ)というお医者さんでありながら、監督さんでもある不思議な方に最初のミュージカルに誘われて、『イタカへの帰還』のユリシーズ役を演じたんだそうです。

でも、1985年にブライアン・アイス名義で出した『Talking To The Night』がヨーロッパ中で大ヒットしたことにより、音楽の方へ進路を定めることになりました。

それから2年間で100本近くのコンサートをこなし、自分の曲を自分で書き、プロデュースし始めると共に、他の人にも楽曲の提供をし、Zucchero (ズッケロ)というイタリアの有名バンドの元ヴォーカリスト、Arthur Miles のために書いた曲はUKチャートでNo.1を獲得しました。

その後Tony Esposito や、あの Gloria Gaynor にも曲を提供、更にはRoberto Sabatini、Linus Binello、Luca Frassetto(ん?どこかで聞いたことのある名前・・・)と一緒に4人でFarinei dla Brignaというバンドを結成。音楽祭に参加したり、ツアーを行ったりしました。

(で、この後語られている内容は1999年まで跳んでしまいます。つまりLupo Mannaro、FleaからA-Beat Cに至るユーロビート関係の活動がスッポリと抜けています。そう言えばLupo Mannaro時代に相方だったDiaferiaさんはどうなったんでしょうね・・・)

99年には日本でディズニー・クラシックのダンス・アレンジメントの仕事(ユーロビート・ディズニーでしたっけ?)、イタリアに戻ってミュージカルに出演。

えー、ちょっと端折りまして(笑)、2002年にはロスでDave Rodgers のアルバムのセッションに参加。あ、この時の写真ですね。Daveのサイトのギャラリーのコーナーにあるのは。ということはあの『Blow Your Mind』はリリースまで結構な時間、寝かされていたんですね。

あとは現在までミュージカルの曲を書かれたり、出演されたり、初めて映画やテレビドラマに出演されたり・・・ということが書き綴られています。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


これがNEOですか。よく思うことなんですが歌ってる人の写真見ても「この人のどっからこの声でるの?」と思うことがあります。(DOMINOとかDIMAとか)NEOももっと少年みたいな人かなと思ってましたがりっぱなイケメンの青年ですね。

リッツォロさんですが初めて顔見ました。ブライアンアイス名義でHEARTBEATだったか歌ってるんですかね(違うな)あとソウルガソリンですがなぜかレコードが赤で好きでした。(ほんとにいい曲です。)あとABEATCの曲でリッツォロさんの名前が書いてある曲ははずれがなかったでした。
【2006/06/11 22:42】 URL | MAKOTO #-


>MAKOTOさん
え・・そうですか?(笑)。DominoやDimaには違和感を感じないですが、Neoは確かにもう少し少年っぽいイメージを持ってました!私が一番違和感を感じたのはジーノ・カリア氏で、もっと若い人だと思ってました(笑)。

初リッツォロさんでしたか。男前でしょ?(笑)。リッツォロさんの歌い方も特徴ありますよね。HEARTBEATはそうだったと思います。SEBの20番代くらいじゃなかったですか?へー、ソウルガソリンは赤い版だったんですか・・・。私はどうもガソリンというのに違和感を感じたのを覚えています。Daveはガソリン好きですよね(笑)。

Rizzolo - DiaferiaのコンビでLilacのLoosing My Mindってありましたよね。それまでLilacというとあのファルセットだったので、当時キョトンとしました。
【2006/06/11 23:06】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


あ、これが彼ですか。
きっと出張費の請求じゃないかと(笑

Micro Qはネオの後ろのラックの真ん中の黄色いヤツですね。
3Dサウンドエンジンで、確かSEB Vol.50のOPのMegamixもこのメーカーの機材を使っていたと記憶しています。
【2006/06/11 23:18】 URL | イシターク #-


>俺様ちゃんさん
DIMAも声が少年ぽいのに実際はワイルドっぽいですし。でも歌ってるとこ見ると違和感なくなると思いますが。
DAVEはFIRE好きですね。(かなり多い)
LOOSING MY MINDは私もそう思いました。「ヴェニスの声がアレフみたい」なんてのも話題になりましたし。新生LEAではジーノのBIGSAMURAIが好きでした。(その発展型がFIGHT FOR YOUR LIFE?)
【2006/06/11 23:38】 URL | MAKOTO #-


細いっすね
【2006/06/12 20:19】 URL | 鉄磨きする #-


>イシタークさん
ほほぉ、あの黄色いのがそうなんですか。流石、イシタークさん。
ありがとうございます。まあ、ヴィヴィッドな色使いがカワイイかも知れないですね。

>MAKOTOさん
ヴェニスの曲はLove Gamesでしたよね。あの曲のリフは特にゾクゾクしました。Fred Venturaがヴォーカルでも良かったかなと思いますが、Daveがやってましたね。そりゃアレフですし(笑)。

Robot ManのBig Samurai ですよね・・・CD持ってたのにどっか行っちゃいました、残念です。そう!えっとBig GenerationのFight For Your Lghts (Rights?でしたっけ) を聞いた時、なんか聞いたことあると思いました。あの「Fight, Fight for your lights」と「Big, Big samurai」の部分が同じでしたから。あ、でも全体的にはFiire On The Moonをパクったのかな、と感じましたね。

>鉄磨きするさん
あぁ、確かに(笑)。
【2006/06/12 20:37】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


>俺様ちゃんさん
そうですかあ。私は全体的にはDR.MONEYのGIVEUPのメロディーにも似てるかなと思います。
DANCING IN THE FIREがTHE BIG BROTHERで1番すきです。(だれもきいてねえ)(これもリッツォロさんですよね)
NEOですがこれから第2のMEGA NRG MANとして違う名義とかでもだしてがんばってもらいたいです。(個人的にはヘビメタVOは好きになれないです)
【2006/06/12 21:29】 URL | MAKOTO #-


>MAKOTOさん
Give Up・・・そうですね、これも似てますね。というか、私はGive Upを聞いた時には、リフがアルファタウンのホット・スタッフに、Bメロがジョー・イエローのワイルド・ボーイのコード進行と同じじゃないかと思いました(笑)。

The Big Brotherですか?ますます広がってますね(爆)。
じゃあ、私は COMMEDIA / PAUL MURRAY  で行きたいと思います(リッツォロさんは全く関係ないですが 爆)。

第2ですか・・・じゃあMega NRG Man 2号ってことで一つ(笑)。
ヘビメタボーカルというとあの人たちですか。まあ、あの歌い方は独特のクセがあるので、好きな人と苦手な人にはっきりと分かれるでしょうね。私も個人的には正統派ユーロのヴォーカルの方が好みって感じです。
【2006/06/12 23:28】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/122-0ccb0e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。