I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア製ジャーマンユーロ

Paul Harris の Every Night がvol. 172 に収録されるらしいと知りまして予想が的中したなとほくそ笑み、vol. 173 には Lisa Johnson の Doctor Doctor の 2006 ヴァージョンが乗っかるということで今度も歌い直しならいいなぁでもそれは無理だろと思いつつそう言えばイントロの喘ぎ声はPopcorns & Sex の方がかわいいけど Doctor Doctor のアレは明らかにクララじゃないしいっそのこと Popcorns & Sex の喘ぎ声を使ってたら面白いかもなどとどうでもいいことを思い巡らす今日この頃ですがみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今日はちょっと変わったところで、オーストラリア産ジャーマンユーロビートをご紹介したいと思います。

* Peter Wilsonオフィシャルサイト


ピーターは10代の頃にPWLユーロビートを聴いて育ったということで、元々SAWやユーロの大ファンでして、オーストラリアで94年、21歳の時に"I Wanna Dance"(DWP Records DRCDS001)という非常にPWLチックなマキシシングルでデビューしました。タイトル曲の"I Wanna Dance"はオーストラリアン・チャートでの最高位が40位まで行ったんだそうです。

彼のサイトのMusicのコーナーにも My TOP 10 Eurobeat Songs として挙げられているので分かると思いますが、彼の好みはイタリアンよりはジャーマンだったみたいです。その中でイタリアン・ユーロは多分Heartbeat - Vivien Veeだけでしょうか。そのコーナーの上に彼の曲のサンプルが置いてあるんですが、"Into The Night"、"Ain't No Cure"、"I Wanna Dance" の3曲はモロPWLっぽいので、俺様ちゃん的にはツボです。

なかなか幸先の良いスタートで、その後 "Move"、"Into The Night" くらいまでは100位以内に着けていたんですが、折りからの圧倒的なテクノ旋風で、この手のNRGサウンドが欧米では絶滅した時期でもありまして、徐々にセールスを落として行きました。そんな中で方向転換も行ったりしましたが、プロダクションサイドとの意見の食い違いもあり、99年の"Mama Told Me" を最後に一旦この世界から身を引きます。

でも、彼は音楽を捨てた訳ではなく、自分の好きな音楽(ハイ・エナジー、ユーロビート、ユーロダンスポップ)を再びリリース出来る日を夢見て、曲を書き続けていたそうです。そして、2004年、現在のドイツにおける数少ないNRGサウンドの継承者の一人(というか1グループですが)である Systems in Blue とのコラボでアルバムをリリースするという話が持ち上がり、彼はヨーロッパへ飛びました。

昨年辺りは彼のサイトでも、そのアルバム用の曲の制作が進んでいることを非常に嬉しそうに語っていたのですが、最終的な契約条項の取り決めの段階でドイツのレーベルサイドと彼のマネージメントサイドの折り合いがつかず、結局この話は白紙状態に戻ってしまいました。

失意のピーターはオーストラリアのマネージメントを離れ、自らヨーロッパのダンス・レーベルに売り込みを掛けました。

そのうちの1社 Klone Recordsは Mad About The Boy 等のコンピレーション・シリーズで有名なUKのダンス専門レーベルなんですが、ここからのオファーがあり、9月25日にリリースされた Mad About The Boy vol. 14に彼の曲が2曲収録されることになりました。実に7年ぶりのリリースです。

彼の曲は DISC ONE の"I Love You Unashamed " と "Follow Me"なんですが、"Follow Me"の方は80年代のジャーマン・ディスコの中心的なアーティストの一人であった Fancy の曲のカバーです。もう1曲の方も80年代、ジャーマンっぽいですね。尚、"Follow Me"はEurodancehits のEuroNRG Dance charts で現在7位にチャートインしており、シングルリリースが決まったんだそうです。

俺様ちゃんとしては、PWLっぽい曲も聴きたいとリクエストしたんですよ。そしたら"I wanna Dance"のプロデューサーとまた仕事をするって言ってましたんで、ひょっとすると聴けるかも知れません(笑)。彼の曲は今後も Klone からリリースされ、フルアルバムも予定されているということなので期待したいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


ぱっと見リンキンパークの人かと思いました(笑)
曲の方はK.JOHNSON?ライクな感じでとっても爽やか、でもけっこう声低めで…???
爽やかB系ボーイ?(笑)
【2006/10/13 17:50】 URL | NO NAME #-


>DOCTER DOCTER 2006

どうでもいいですが、よくよく考えるとTIMEで歌い直しが出来る人って限定されますよね(爆)。
といいますか、他レーベルは何をしてるんだー、A-BEAT-Cはやってもいいんじゃないかー、とか思う今日この頃です、私は(笑)。
【2006/10/13 18:03】 URL | 矢八郎 #-


A-BEAT-Cはあんまりリメイクしても自分的に?なものばかりなので、やっぱりTIMEに期待かけてますf(^^;)

>TIMEで歌い直しが出来る人って限定されますよね

そうそう、そうなんですよね!
【2006/10/13 19:14】 URL | NO NAME #-


あー、リンキンパークの・・・服装が似てますね(爆)
スタイル的には近年のKevin Johnsonっぽいですかね。
B系・・・服装が(笑)。

>矢八郎さん
95、96年以前だとあの人しか居ませんね(笑)。A-Beat Cですと、そうですねぇ・・・Highway Star 2007とか、What Is Love 2007とか、あ!Dance Girl 2007とか(笑)。

TIMEを推されてるということは、玉鬼さん?
そろそろGambogiさんたちもリメイク曲を出せるくらいに年季が入ってきましたので、GambogiさんヴォーカルのBambolina とか聴いてみたいです!
【2006/10/13 21:58】 URL | 俺様ちゃん #7dmq8oQg [ 編集 ]


DOCTORDOCTORのNEWバージョンでるんですか。ただあれを超えるやつはむずかしいでしょうね。NEWバージョンはそこそこの曲をアレンジするほうがいいですね。個人的にはラブイズデンジャーはいままで一番よかったでした。あと今度やるならボニーニさんの曲やってほしいですね。(テンションやマイクハマーあたり)
【2006/10/13 22:25】 URL | MAKOTO #-


>MAKOTOさん
そうですね・・・Doctor Doctorはもう完璧ですよね。Dall'Oraさん、Deganiさんがどう料理されるのか、楽しみです。

私もYou Got Me Going Crazy とか Say You Love Me とかのニュー・ヴァージョンが作られたら面白そうだなと思います。
【2006/10/13 23:17】 URL | 俺様ちゃん #7dmq8oQg [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/145-6e005feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。