I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomas Marin Interview

Mega NRG ManことTomas Marin大ファンのSadieが、念願叶ってマリン氏に会えたそうで、「贔屓目じゃなくて、トマスマリンは本当にすっごく素敵だった」と絶賛しています。

数ヶ月前にマリン氏、ドミノと話す機会を持てたそうなんですが、ドミノも感じのいい人で、二人とも素晴らしかったとのこと。

マリン氏は喋り出したら止まらないみたいで、彼女が恥ずかしがってあまり喋れないでいると、「お喋りは好きじゃないの?」と訊かれたんだそうです(笑)。

尚、このインタヴュー自体はメールでやり取りされたもので、今後もコンスタントにマリン氏とコンタクトを取っていくのでお楽しみに、とのことです。


(インタヴュー:2007年12月13日)

‐ 先ず、あなた自身のことをもっとお話しいただけますか?

えーっと、スイスの小さな村に住んでるんだけど、(ドイツとの)国境にあるコンスタンス湖の近くなんだ。14歳で唄い始めて、今41歳だから経験は豊富だよ!

‐ どうやってジャンカルロ・パスクィーニと出会い、A-Beat Cでレコーディングすることになったんですか?

彼に出会ったのは16年前なんだが、親友(Karen Jane Wainwright嬢?)がA-Beat Cで働いていてね、んで彼女に誘われたんだよ。やってみないかって。

‐ 元々こんなに長くユーロビートの曲をレコーディングすることになるとは思っていましたか?

全然。今じゃこのスタイルで一番人気のシンガーの一人だけどね。

‐ あなたを惹きつけているモノは何ですか?

やってて楽しいってことと、ジャンカルロ・パスクィーニのプロ意識。

‐ Mega NRG Manという名前はどうやって生まれたんですか?あなたにとって何か特別な意味はありますか?

ボクがダンスフロアじゃエナジーマンだからさ。ボクのライフスタイルを表現してるんだよ。

‐ 曲のクレジットにT.Marinって書かれていることがありますが、あれはどういうことですか?

とりわけボクが曲の一部を作ってるってことだよ。作詞の時もあるし。最近では自分の曲の作曲・作詞は大部分、自分でやってるんだ。

‐ DJ Zorroという名前でハイパー・テクノのレコーディングもされていますが、あなたにとってユーロビートとハイパー・テクノはどういう点が違いますか?

うん、その通り。簡単なんだが、DJ Zorroの歌い方はよりオペラっぽくて、Mega NRG Manの歌い方はポップっぽいってこと。知らないと思うけど、DJ Zorroはスタジオで発声練習をしている時に生まれたんだ。ボクがアンドレア・ボチェッリの曲を唄ってて、それをジャンカルロ・パスクィーニが気に入ってね、それで実験的に曲を作ってみたってわけさ。それがDJ Zorroの誕生だったんだ。

‐ 今までレコーディングした曲の中でお気に入りはどの曲ですか?また、その理由は?

ウォルト・ディズニー用に作った"Go The Distance"。すごく光栄に思っているんだ。

‐ 最近、アレッサンドラ・ガッティとサンドロ・オリーヴァのGo Go's Musicにも参加されましたが、どういう経緯があったんですか?

サンドロとアレッサンドラとは15年以上の付き合いで、彼らがロジャース・ミュージックを離れて新しい会社を作ろうと決めた時に訊かれたんだ。Mega NRG Manとして彼らのために歌ってくれるかって。結構いけてると思うんだけど?

‐ スイスにご自身のスタジオと会社をお持ちですが、これはいつ、どういう事情でそうしようと決められたんですか?

12年前、あるレコード会社のためにヒーリング・ミュージックをプロデュースする機会があったんだ。最近はA-Beat CとGo Go's Musicのためのレコーディングしかしてないんだけど。自分の曲を書いて、そのデモを作ったりね。

‐ レコーディングの時の何か興味深い(面白い、おかしな、参考になる)思い出話はありますか?話してもいいよっていうような。

ああ、いっぱいあるよ。例えば、ウォルト・ディズニーのUnder The Sea(Arielle)を唄った時のことなんだけど、この曲には魚たちが全員で喋ってラップするパートがあって、その声をボクが一人で全部やったんだ。そしたら、エンジニアのRafがすごく驚いてさ、ボクがずっと(そういう仕事を)やってるんだと思ったそうだよ。

‐ 今後の予定を教えていただけますか?

これからはボクの生活、作品に関する情報をもっと得られるようになるよ。そして、もしボクや他のシンガーをショーに招待したいって人が居たら、遠慮なくどうぞ。

‐ 長年に渡り沢山の曲をレコーディングされてきました。きっとみんな、あなたのユーロビートへの貢献に感謝したいと思っているはずです!個人的にはこのサイトのためにインタヴューを受けていただいたことに、もう一度感謝したいと思います!最後に何かメッセージはありますか?

「音楽がハートから聞こえてきたら、ハートをドラムのように鳴らそう」



この最後のメッセージがアーティストっぽいというか、何かのキャッチコピーぽくてカッコいいですね(笑)。
スポンサーサイト
テーマ:EUROBEAT - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


うおー、結構色々喋ってくれてますね(笑)。
というかこの人、GO GO'Sはレンタルで実質はA-BEAT Cっていうことなんでしょうか。
お気に入りがGO THE DISTANCEっていうのも驚きです。

で、細かい指摘をすれば、

>Under The Sea

これはDERRECK SIMONS名義で歌ってた気がするのでさり気なく同一人物だって認めましたね、本人が(爆)。
【2007/12/23 18:36】 URL | 矢八郎 #-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/23 19:28】 | #


スイスに住んでるとは。私は知らなかったのでびっくりです。あと最近の曲は自分で作っているんですね。最近のEUROBEATは飛びぬけたというかぱっとしたものがない(はやくいえばマンネリぎみ)なんでこれからもマリンにはがんばってほしいです。
(期待していたNEOももう歌わないし。)

あ、そういえば昔、モスクワとジンギスカンのカバー歌いましたがよかったですよね。
【2007/12/23 21:51】 URL | MAKOTO #-


こんにちは。
Mega Nrg Manの名前の由来は…なるほど。
あんな事やこんな事もエナジーに頑張ってるのですね(笑)。

最後のメッセージ、メルヘンチックで素敵だなぁと思いました。
(意味はよく分からないけど(爆))
【2007/12/23 22:04】 URL | ジャビート #-


>矢八郎さん
そうですね。基本的にはA-Beat Cなんだと思います。
ユーロビート・ディズニー自体全く知らない(笑)ので2曲とも調べていたんですが、Under The SeaはDerreck Simonsだったんで、あ、これはデレク・シモンズなんだと感慨に耽りました。

>MAKOTOさん
私も最初スイスと知った時は意外でしたね。しかもスペイン生まれで奥さんはフランス人で仕事はイタリアで住んでる所はドイツ語圏(笑)。
Euroteam feat. Mega NRG Manだったんですねぇ。CDがまた行方不明かと思ったら出てきました。

>ジャビートさん
こんばんは。あんな事やこんな事までエナジーなんでしょうね(ちょっとやらしい 笑)。

あのメッセージ、よくよく考えてみたら、何か歌詞の一部みたいな気もしますね。やはり意味はよく分かりませんが(笑)。
【2007/12/24 00:41】 URL | 俺様ちゃん #7dmq8oQg [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/24 07:25】 | #


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/225-e393441a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。