I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOMINOは今…

DOMINOことAlessandra Mirka Gattiが姿を消してからかなり経つが、彼女の情報が入ってこないので、心配しているファンも多い。そこで、彼女の大ファンであり、世界で唯一のDOMINOのファンサイトDOMINONLINEを運営するNine氏にお願いして、彼が今年1月19日に行ったDOMINOとのインタヴューを掲載させてもらうことにした。以下はその全文の日本語訳である。
* インタヴューの原文はこちら

Nine: ネットで最初のドミノ・ファンサイト、Dominonline.comのためにこのインタヴューに応じて頂きありがとうございます。自己紹介とあなた自身のことを少しお聞かせ下さいますか。

Domino: 自分自身を言い表すのって案外難しいですね…うーん…とにかく(笑)、私の名前はアレッサンドラで姓名はガッティです。私の大好きな父がミルカというニックネームも付けてくれたの。星座はさそり座で、北イタリアのマントヴァの近くの小さな町で生まれました。母はとても陽気な人で、父は自称大天才、兄はいつも何かを嘆いている人。今は私の人生で最愛の人と一緒にマントヴァに住んでいます。息子のフェデリコ(13歳)のことね。彼って素晴らしいのよ。いつも夢に見てきた自慢の息子なの。ちょっとクレイジーだけど、アーティストで、ミュージシャンで、デザインもするし。私と父親のデイヴ・ロジャースの良いところを兼ね備えているのね。
私がちょうど芸術学校を卒業した時にデイヴと出会って、勉強は止めました。もうこの辺にしましょうね。これ以上は自分を曝け出したくないので…(さそり座はミステリーが好きなのよ)。


Nine: まずお尋ねしたいのですが、ドミノという名前の由来は何ですか。何か特別な意味合いがあるんでしょうか。

Domino: デイヴがこの名前を付けてくれたんです。彼がペット・ショップ・ボーイズの『ドミノ・ダンシング』という曲が好きで、それでこの名前にしようって。私もすごく気に入ってます。とてもラッキーなチョイスだったとも思います。それから、ドミノと聞くと自分のことだと思うようになって…支配者(注:イタリア語のDOMINOには「支配する」という意味がある)という意味じゃなくて、ゲームのドミノね。

Nine: ユーロビート・シンガーになることに決めたのはどうしてですか。また、それはあなたご自身が決めたのですか。

Domino: これは認めなくちゃいけないんですけど、決めたのは私じゃないんです。私の代わりにデイヴが決めてくれたの。私の体には昔も今も音楽の血が流れていて、音楽のない生活なんて想像できないわ。家に帰ってまず最初にすることは、ステレオをつけることなんですよ。車を運転する時もそうです。音楽ならどんな種類のものでも好き。歌うのもね。初めて歌ったのは9歳の時で、私の住んでる小さな町の教会でだったの。スターだったのよ!それから86年にデイヴと出会って。彼はその頃ファリーナ、クリヴェッレンテと一緒に働いていて、バック・ボーカルを探していたのね。そこで私の出番!「私がやります」って彼に言ったの。最初は趣味だったんだけど、そのうち本職になっちゃって。それでユーロビートを歌い始めたのよ。厳しい道のりだったけど、デイヴの根気強さとアレッサンドラの意志の固さのおかげで、こうして今のドミノになれたんだと思います。

Nine: 日本語の曲をたくさんリリースされていますが、日本語は非常に難しいので、すごいことだと思います。日本語を話せるんですか。

Domino: 日本語を習って1年になるわ。週に2回レッスンを受けてます。すごく難しいけど、私って簡単なことをするのは好きじゃなくて。習い始めた最初の1ヶ月は、私の素敵で聡明なサチコ先生を疲れさせてしまったけれど。それから、私って日本が大好きなんだと思ったの、そしてそこで働けるなんてラッキーなんだって。あんな素晴らしい人たちと一緒に。

Nine: ドミノの曲を作るようになったきっかけは何ですか。

Domino: 私のキャリアの最初の頃はデイヴが曲を書いてくれました。素敵な曲だけど、悲しげな…すごく悲しげな曲だった。私自身はそういうタイプじゃなくて、明るいの!デイヴは私が作って欲しいようなユーロビートの曲は書けないって言ったんです。彼には彼の素晴らしいスタイルがあって、それはロックの時代を過ごした世代の人たちが持ってるもので。彼は私より10歳年上で、違った経験をしてきているし、違った人生を歩んできているんだから、違った音楽を作り出すのはノーマルなことよね。94年に元同僚のブラット・シンクレアが、私に彼の曲『トラ・トラ・トラ』を歌わせようって決めたんです。面白い曲を歌えてすごく嬉しかった。その後、自分やゴー・ゴー・ガールズ、ロリータ、メガ・エナジー・マン、マット・ランドのために曲を書き始めたんです。

Nine: あなたの名前がクレジットされている有名な曲にはマット・ランドの『ヒヤ・アイ・アム』、ロリータの『ゴーイン・オン』、ゴー・ゴー・ガールズの『ホット・フォー・ユア・バディ』などがありますが、曲のクレジットに『A. Gatti』と書いてある時にはどういう意味があるんですか。

Domino: 私がその曲の作者の一人だという意味です。プロダクションをフォローすることもよくあるんですけど、プロデューサーとしてクレジットされることは滅多にないです。

Nine: あなたが歌う時に主に使われている名前はドミノですが、過去にはミルカ、ジュリエット、ゴー・ゴー・ガールズ、キング・アンド・クイーンなど、他の名義もありました。もっと最近のA-Beat Cのプロジェクトではどんなボーカル・ワークをされてるんですか。

Domino: 誰も覚えていないでしょうね(あるいは誰も知らないと言った方がいいかしら)。でも、私はデイヴ・ロジャースとアルベルト・コンティーニがA-Beat Cを創った時から一緒だったんです。数年前にデイヴと問題があって、チームを離れたけれど。でも、彼に対してわだかまりとか恨みとかは持ってないです。デイヴが歌うの聴いて、見て、たくさんのことを学んでこれたし、私はとてもラッキーだった。だけど、この話はもう止しましょう。私が残してきたもの全てについて話していると悲しくなってくるから。

Nine: ユーロビートは日本では本当に人気がありますが、カナダやアメリカにも日本人と同じくらい、もしくは彼ら以上にユーロビートが好きなファンが僅かながら居ます。このファンサイトは英語圏の人向けのものです。というのもユーロビートやユーロビートのアーティストに関する情報の大半は日本語で書かれたものしか見つけることができないからなんです。北米にファンが居ることについてどう思いますか。

Domino: 素晴らしいことだと思います。インターネットを発明してくれた人に感謝したい。インターネットがなかったら、あなたたちのような素晴らしい人たちが居ることも知らなかったでしょうね。

Nine: これは答え難い質問かも知れません。私自身、誰かにこの質問をされてもいつも決めることができないので。あなたの一番お気に入りのドミノの曲は何ですか。

Domino: 全部好きです。だってどの曲にもそれを作った当時の思い出があるから。でも、選ぶとすれば、その中でも特に大切な曲は『スピニング・ライク・ア・トップ』です。理由は3つあって、まずこのタイトルはフェデリコが6歳の時に、一緒に「こま」で遊んでいて思いついたものなの。あの時はすごく楽しかった。それで他の人たちもきっと「楽しいこま」を題材にした曲を気に入ってくれると思ったの。2つ目の理由は私が初めて書いた曲で、プロデュースも自分でやった曲だということ。少しだけ手伝ってもらったけれどね。3つ目の理由は私の初めての日本語の曲だったということ。

Nine: 最近、ユーロビートの曲のインターネットでの著作権侵害が大きな問題になっています。楽曲のダウンロードやファイル共有について、あなたのご意見をお聞かせ願えますか。また、ダウンロードではなく、もっと多くの人にCDを買ってもらうために、ユーロビート・アーティスト、レーベル、エイベックス・トラックスはどうするべきだと思いますか。

Domino: この話題について話すと、非常に腹立たしいわ。インターネットで曲をダウンロードする人たちは泥棒と一緒です。これ以上話すと、何かまずいことを言ってしまいそう。理屈に合わないですね。誰にもこの重大な問題の解決策が分らないなんて。

Nine: 最後に、ユーロビート業界でのあなたの今後について、私たちにお話し頂ける特ダネは何かありますか。3枚目のアルバムは出るのでしょうか。また、あなた自身のためにでも、他のA-Beat Cのアーティストのためにでもいいんですが、現在制作中の新曲が何かあればお知らせ頂けませんか。

Domino: お話しできるのは、私が決してユーロビートからは離れないということ。今スクープを明らかにすることはできないけれど、その時期が来たら発表します。私の今後については、まず一番にあなたにお知らせすることを約束します。とにかく「びっくりするようなニュース」を待ってて下さいね。

Nine: あなたは『トラ・トラ・トラ』、『アイ・ウォナ・ダンス』、『ガッチャ!』、『スピニング・ライク・ア・トップ』、『ミッキー・マウス・マーチ』など多くの曲で、ユーロビート界に多大な貢献をされてきました。世界中のファンがあなたとA-Beat Cの貢献に対して感謝しています。また、このサイトのためにインタヴューに応じて頂いたことに対しても感謝したいと思います!最後に何かお言葉を頂けますか。

Domino: この数年間、私をサポートしてきて下さったファンの方々全員に感謝したいと思います。決してあなた方をがっかりさせないと約束します。でも、もしそうさせてしまったら、「こうして欲しい」とか「こんなことはしないで欲しい」とか、いつでも私に言って下さいね。そしてずっと私を好きでいて下さいね。




さて、ご覧の通りこのインタヴューが行われてから既に8ヶ月以上が経過しているのだが、その後彼女はどうしているのだろうか。Nine氏に訊いてみた。

夏はとあるイタリアの音楽祭にボランティアで参加してたみたいだよ。うまく行ったって最新のメールで言ってた。あと、自分の新しいレーベルに取り掛かってて忙しくしているって。



自分の新しいレーベル?ユーロビートのレーベルだろうか…。

そうだよ。彼女は自分のレーベルを立ち上げようとしてるんだ。6月に公表される見込みだったんだけど、彼女の見積もりが甘くて、来年の前半から中頃の発表に先送りになったんだって。やっぱりユーロビートなんだけど、彼女のオリジナルでポップ風の曲も作るようなことを言ってたよ。



とまあ、以上のような状況らしい。DOMINOファンの人、安心したかな?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

DOMINO崩し。
新レーベル立ち上げですか。驚きです。
A-BEAT-Cを去ってしまうのは残念なようなそうでないような。
日本語はどうするんでしょうかねえ?
コザトさんも連れてくんでしょうか(笑)。

彼女自身、今EUROBEATファンからちょっと忘れられてる存在なのではないでしょうか。
本当に記憶から消えてしまう前に復活してほしいものですね。
私も特別ファンだとかそういうのは全然ないのですが(苦笑)、存在としてはかかせない存在ではないかな、とは思います。

……どうでもいいですけど、DOMINOのファンってDAVEを恨んでたりするもんでしょうか?(笑)
【2005/10/02 18:36】 URL | 矢八郎 #-


私も驚きました!というかこのユーロビート不況の時にまた新しいレーベルが増えてって、正直どうなのかと思ったりするのですが…。あとライターにはどんな人たちが居るのだろうかとか。また引き抜き合戦とかあるんでしょうかね。

それはさておき、コザトさんってまだ活躍されてるんですか?(笑) 日本語ユーロは個人的にはあまり好みでないんですが…。

DOMINOファンの方はヌアージュ嬢をアレしてるみたいですよ。特にこのインタビューをされたNine氏は。ヌアージュの話題になるとブーイングしてますから(笑)
【2005/10/02 18:50】 URL | 俺様ちゃん #-


NUAGEをですか。
気持ちはわからんでもないですが、そういうのもどうなんでしょうね。

個人的に彼女の歌は結構好きだったりするわけですが、
そういえば以前それのせいで曲も聴かない、という人がいました。
うーん。

……何も、悪いのは彼女1人じゃない気がします。私は、ですが。
――あ、これはNineさんなどには伝えないでください(汗)。
【2005/10/03 19:13】 URL | 矢八郎 #-


まあ、Gattiさんも健気にというか、DAVEに恨みなどはないと仰ってますしね。私はその辺のDAVEとNUAGEの関係についてはよく知らないですが、Gattiさんが敢えて恨みや蟠りは無いと言うってことは、考えてみればDAVEが彼女を裏切ったということを公表しているようにも受け取れますね。うーん、したたかなんだろうか。
【2005/10/03 20:39】 URL | 俺様ちゃん #-

!!!
いやはやビックリでした…!(^^;)
やれ他レーベルから引き抜きのオファーがあったとか、DELTAに移籍するだとかと噂が飛び交ってましたけど、まさか自ら独立するとは予想外でしたね…。
A-BEAT Cのスタッフの中から新レーベルに参加する人もいるんですかね?
自分としては新レーベル誕生を願ってはいましたけど、まさかこんな形で実現するとは…。

しかしやっぱり問題はCD収録ですよね。
A.Gattiは@に大きな貢献を残したんで@がおそらくライセンス契約を交わすとは思うんですが、SEBにこれ以上レーベルが増えちゃうと他レーベルの収録枠は削られますし、ユーロコンピの新シリーズが出る可能性は低いですし…。
まさか他社と…?
この辺を解決しないと新レーベルも歓迎されにくいものになりそうな(^^;)
【2005/10/03 23:01】 URL | T.M.O. #-


T.M.Oさんの言うとおりにその辺が物凄く問題ですよね・・・
まぁ@社が一番濃厚だと思いますが・・・

私の読みだとF.RIZZOLOが最近まったくと言っていいほど姿を見せないので怪しいな、と
2004年製作のI BELIEVE IN LOVIN' YOUが有るがこれ以前にしばらくクレジットに載ってないし(蔵出しは除く)SUSAN BELL(S,DAL GESSO)も、とんと姿を見せないし・・・
ま、個人的な何の根拠も無い読みですが(笑
【2005/10/04 01:02】 URL | イシターク #-


すごい読みですね(笑) みなさん心配されてるのは、やっぱり収録先があるのかという点みたいですね。今の普段のSEBの売上が4~5000枚しかないとジェルメッティさんがこぼしてましたけど、驚くほど売れてないものなんですね。普通CDって宣伝費とか別にして、3000枚売れたら元が取れると聞いたことがあるんですが、それを考えると非常にやばいですよね。さあ、どうなることやら。

ふと思ったんですが、レオナルディさんもこの頃影が薄くないですか。というか、DELTA全体あんまり新曲を作ってないような印象を受けるのですが、彼らはユーロを作ってない時って何してるんでしょうね。
【2005/10/04 19:44】 URL | 俺様ちゃん #-


全然売れてないんですね~(汗
いつぞやのSEBのブックレットにもそういう理由で製作者サイドはかなり危機感を抱いていると有りましたし・・・

そうなんですよね~レオに限らずDELTAの新曲が少ないですね。蔵出しが多くて・・・まぁ蔵入りが多いからそっちも消費せにゃならんのでしょうが(笑

彼らに限らず人はそれだけをやってると必ず行き詰るもんで、(私もREMIXをしてると必ずなります。)ほかにまったく関係ないことをして、なおかつそれをヒントにする余暇を送っているのでは?
【2005/10/05 08:40】 URL | イシターク #-


気分転換は必要ですよね。同じことばっかりやってると煮詰まってくるし。それに今までにあれだけ多くの曲を作ってきたらアイデアもなくなってくるんだろうなあ、と思います。クリエーターの生みの苦しみってやつですね。
【2005/10/05 19:13】 URL | 俺様ちゃん #-


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/31-c12018e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOMINO が独立?! ユーロビート新レーベル立ち上げか。

海外の有名ユーロサイト Eurobeat Prime で海外のファンと語り合っている、俺様ちゃん氏のブログ「Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮」によると、DOMINO が独立し、新レーベルを立ち上げるとのこ... DANCE GROOVE Blog【2005/10/02 23:42】
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。