I made this Flash Music Player at MyFlashFetish.com.

Labirinto di Oresama ~俺様的迷宮

Eurobeatの周辺のどうでもいいような話を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Funky Claudio

実はマニャーニさん以前、SEB vol.110のブックレットのRobert Pattonが実はClaudio Magnani氏だったということをコメントでご紹介したのだが、彼に関して少しまとめておこうと思う。

TIMEではSilver、Charly、De Niro、Dave Hammond、Mike Hammer、E. C. James、Atrium、Toby Ashなどの、HI-NRG ATTACKではTam Arrow、Mote Mote、Volta & Gabana、Beatman、Babby Oneなどの、DELTAではMad Max、Speed Manのボーカルを担当している彼だが、実はアメリカ好きでタトゥーバリバリのファンキー野郎。
アフロのカツラにサテンのワイドスプレッドカラーで、ファンキーなマニャーニさん彼は現在、September Grooveというバンドに所属しているのだが、名前からもお分かり頂けるように、このバンドは70~80年代のファンク、ソウルをメインに活動している9人編成のバンド。

トップページにはメンバーの集合写真が載っているのだが、衣装もなかなか雰囲気があってカッコいい。結成されたのは98年でライブを中心に活動しているらしい。2003年には、例のDaniela Galli嬢がコーラスを務めていたこともある人気ファンク・バンドRidillo(92年のヤマハ・ミュージック・クエストで来日し金賞受賞)とのコラボでファースト・アルバム『Play That Sound』をリリース。このアルバムのプロデューサーはTIME、FLEA、A-Beat Cに楽曲を提供してきたAlberto Benati氏で、アレンジャーとしても参加している。ショーの予定のところを見ると、大晦日にも new Year 2006 Hot'n'Funky 2006 Party - Shake Your Body & Move Your Legs!!!と題したショーを行っていた模様。

さて、メンバー紹介の彼のページにはこんなことが書かれている。

名前: クラウディオ・マニャーニ (別名 ファビアン・サラシージ *バンドメンバーとしての呼び名)

星座: かに座

楽器: ボーカル

自分で自分のことを: イカしてて、ちょっと気難しいとこがあって、多分・・・

他人は彼のことを: 変わり者だけど、いいヤツで、絶対一緒に居たい

調子の良い時: ガールフレンド、友達、家族と一緒に居る時

調子の悪い時: これから舞台に上がるという時はいつも怖いけど、最後にはめちゃくちゃ楽しんでいる

甘党・辛党?: 甘党

夏と冬では: 夏

5つ選ぶとすれば: ボクのマイク、"sacher"のタルト、ボクのバイク、ボクのベース、海

大好き: 飛行機に乗ること、目的地を決めずに旅行すること、出発した時よりも疲れて旅行・バカンスから戻って来ること

好きな音楽: アメリカの音楽、ニュー・カントリー、ポップ、ブラック・ファンキー、80's

感謝したいのは: 家族、友達、g+g、フレディー、ジョージ


何曲かMP3で試聴できるようになってるので聴いてみたが、おしゃれ!彼の声質にはこっちの方が合ってるような気がした。Eurofunkの曲なんかぴったりなんじゃないだろうか。それも今となってはもう・・・

情報提供:Laurent G. Newfield氏
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


こんなに彼の詳細を知る事が出来て感激です。(涙)本当にありがとうございます!彼の顔を見るのも、バンドで活動していることまで知らなかったことばかりで、驚きの連続でした。このバンドのHPで視聴して、まさに彼の歌声が '70s-'80s Disco Funkとなって蘇ってました。彼のファンとしては、もちろん買いのCDですね。そういえばミディアム・テンポで聴く彼の歌は初めてでした。彼の声を改めてファンキーでいてカッコいいと感じました。
【2006/01/05 04:35】 URL | thunderbolt #-

私も
正直、彼の詳細を知ったのは初めてです。3つもレーベルをハシゴしてたんですか~ 
【2006/01/05 20:22】 URL | MAKE #-


ほほう。これは結構良いですね。バンドの歌を聴くのは初めてですが普通に良い!

私としては俺様ちゃんさんとカブりますがON MY OWNやLADY BUGが最高です!
あの時代はコーラスがすごい綺麗でしたよね。
【2006/01/05 20:56】 URL | イシターク #-


>thunderboltさん
そんなに喜んで頂けてよかったです(笑)

>MAKEさん
thunderboltさんの昨日のカキコによると、SAIFAMかFLEAでも歌ってたみたいですね。

>イシタークさん
そう!クララのあの『オンマイオーーー♪』がいいですよね!!ちょっとエコー強めで、神秘的な雰囲気を醸し出してたと勝手に思ってます(笑)
【2006/01/05 21:41】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


どうも、こんばんは。確か、FLEAではVALENTINO / For Your Love(FL 8511)や、DANDY / Loving Your Lips(FL 8513)が私が記憶している限り、C.Magnani氏が担当してました。共に1991年のS.Dall'Ora-A.Benati-S.Castagnaの作品です。後期のFLEAはABeatとTIMEがごっちゃになった感じで面白いですね。
【2006/01/06 00:57】 URL | thunderbolt #-

thunderboltさん
私、まずDANDYの名前にピンと来まして、I'll Be There と Casanova を引っ張り出して聴いてみました!あっ、これ彼です!

へぇー、あの伝説的な名曲 I'll Be There はマニャーニさんだったとは、かなり興奮してます(笑)TEBの歌詞カードを見るとDANDYのプロフが書かれてあったんですが、(その内容を信じれば 笑)この時20歳だったんですね・・・。
【2006/01/06 21:46】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


>thunderboltさん
初めましてイシタークと申します。
この時期の事にとても詳しいですね。私も驚かされてます(笑

>俺様ちゃんさん
私もDANDY確認しました。って今まで気付いてなかった・・・
彼ですね・・・(笑)
I'll Be ThereなんてこないだNONSTOPに入れてたのにまったく気付いてませんでした(爆
なんかCODENOTTIくさい声だなぁ~って思ってたんです。
すごい声が若くてわかりませんでした。
CASANOVAの方が彼ってすぐわかります。

【2006/01/07 20:05】 URL | イシターク #-


>イシタークさん
私もそう思いました!CASANOVAはバッチリすぐに分かりますよね。
I'll Be Thereは本当に声の感じが若くて、歌い方も結構個人的な癖が出ているような感じで、ちょっとアレでした。
【2006/01/07 20:19】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


>俺様ちゃんさん
私も初期のDANDYがC.Magnani氏だったのは気付きませんでした。(^_^;
12インチのジャケットの人物が若かりし頃のC.Magnani氏かどうかは、
分かりません。 DANDYのファースト・シングル Raise Tonight(FL 8328)も、彼が担当していたのかについては、手元に音源が無いので確認できませんでした。

>イシタークさん
どうも初めまして。私は1989年にユーロビートに出会い、ちょうどその頃のASIA, FLEA, FCF, RADIORAMA PRODUCTIONSといった、M.Farina関連の曲が主な守備範囲でした。EUROSATIというHPを細々とやってます。
HRGのサイトと唯一リンクを結んでおりますが、ここ最近更新が途絶えております。


【2006/01/09 00:14】 URL | thunderbolt #-

thunderboltさん
早速、HPを拝見させて頂きました。もう、ビックリです!!
イタリアン・ユーロビートのアナログをほぼコンプリート状態で収集されてるとは・・・。
色々見たことのないジャケットを楽しませて頂きました。I'll Be Thereのジャケットも。日本版のしか見たことなかったので、興味深かったです。またちょこちょこお邪魔させて頂きます。
【2006/01/09 21:15】 URL | 俺様ちゃん #JZ2AL5Xs [ 編集 ]


>thunderboltさん
いやぁ先程HP見させていただきましたが、もう凄すぎの一言です・・・
自分が如何に小童と言う事に改めて気付かされました(笑
もうこれからガンガンお邪魔させていただきます。

改めて宜しくお願いします。
【2006/01/10 03:08】 URL | イシターク #-


>俺様ちゃんさん
>イシタークさん

私こそ非常にユーロビートに情熱をお持ちの皆さんに来て見て頂きまして嬉しく思います。イシタークさん、小童なんてことないですよ。私は俺様ちゃんさんのこちらのブログで「へぇ~。」の連続でここ最近驚きっぱなしです。昭和40年代後半の生まれということもあって、ちょうど第一次ユーロビート・ブームにイタリア産ユーロビートに出会えて幸運だったと思います。私こそこちらにガンガンお邪魔したいと思いますので、宜しくお願いします。
【2006/01/10 14:21】 URL | thunderbolt #-


ほほ~おもしろい情報ですね。
彼の声が大好きですが、なんか声と顔がまだ自分の頭の中でマッチしてません。
あの顔から想像できない声です。
【2006/07/22 13:00】 URL | えいみ #-


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://oresamachan.blog23.fc2.com/tb.php/77-705e149a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SEARCH

Enter keyword, click on Search button and you can find all the articles including it.

LINK J
LINK F
SHOW ALL ARTICLES


全タイトルを表示

CALENDARCHIVE

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TRACK WORD
RSS FEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。